お知らせ

News

月を選択してください。

精進日記あけましておめでとうございます。

石のこと

般の方の中には、毎日火薬やダイナマイトを使って「発破」を繰り返していると思われている方もいらっしゃいますが、うちの場合「発破」をするのは、本当に何ヶ月かに1回程度です。
前回の発破からは細目丁場では発破をしていません。

大きく割った原石を、キズの層で割り、小さくするのが「小割り」作業です。 ワイヤーソーや大口径切削機のない工場から原石の注文を頂いたときは、この小割材を持っていきます。
ただ割っているのではなく、石目やキズを見極めて、次の切削工程がスムーズに進むように割っています。

最近は、太陽の沈むのが早くなり、夕方5時前には西日がつよいです。 ですが、とても作業のしやすい最高の季節です!

お問い合わせ・店舗はこちら

Contact & Access